光合成蒸散リアルタイム計測システム

Photosynthesis Cell®

光合成蒸散リアルタイム計測システム

フォトセルロゴ光合成蒸散リアルタイム計測「Photosynthesis Cell®(通称:フォトセル)」はトマトの個体全体の光合成および蒸散の速度を計測できるシステムです。リアルタイムで植物個体全体の光合成の実態とその変化を把握できるので、作物生産や栽培管理の効率化に応用できます。


※「Photosynthesis Cell®」は農林水産省の委託プロジェクト研究「人工知能未来農業創造プロジェクト」による共同開発製品です。

トマト個体を底面開放された透明フィルム(チャンバー)で覆い、そこに流入出する空気の二酸化炭素と酸素の濃度差を計測することで光合成速度を算出します。これらの計測データはクラウドサーバ上で共有され、さまざまな情報端末での管理やリモートによる栽培管理指導が可能になります。

フォトセル仕組み図解

仕様

センサ

CO2センサ
・測定範囲:0~5,000㏙
・測定精度:±30㏙±3%rdg

温湿度センサ
・温度測定範囲:-40~125℃
・温度計測精度:±0.1℃(20~60℃)
・湿度計測範囲:0~100%
・湿度計測精度:±1.5%(10~80%)、±2.0%(80~100%)

日射センサ
・測定範囲:0~1,500W/㎡
・測定精度:±10%

計測項目

生体情報
光合成速度(µmol/chamber/s)、蒸散速度(mmol/chamber/s)、総コンダクタンス(mmol/chamber/s)

環境情報
日射量(W/㎡)、気温(℃)、相対湿度(%RH)、水蒸気濃度(mmol/mol)、飽差(mmol/molまたはg/㎥)、CO2濃度(㏙)

計測結果表示

リアルタイム表示
計測項目の全項目(約5分間隔での表示)

比較表示
2時間区分による過去2週間の計測データ比較表示(昼間時対象)

計測データ表示
光合成速度、蒸散速度、総コンダクタンス、日射量、飽差、気温

環境応答解析結果表示
日射-光合成速度、飽差-光合成速度、気温-光合成速度、日射-蒸散速度、飽差-蒸散速度、気温-蒸散速度、日射-総コンダクタンス、飽差-総コンダクタンス、気温-総コンダクタンス

※チャンバー内部および外部の計測値


ページ先頭へ戻る