ハイポニカオリジナル イチゴ栽培用LED

協和株式会社では閉鎖型イチゴ栽培システムで使用するためのオリジナルLEDを販売しております。
イチゴ栽培用LEDには重要な要素がいくつもあります。
自社で閉鎖型イチゴを栽培し、必要な要素を考ながら満足できるイチゴ栽培専用のLED実現した、こだわりのハイポニカ製・商品です。

協和オリジナル イチゴ栽培用LED

LEDイメージ

こだわり7ポイント

1.高効率LEDでダブルの環境効果
高効率(約180㏐/W)のLEDを使用して、電気を効率よく光に変えると同時に発生する熱量を抑えています。

2.光をイチゴにフォーカスし無駄を最小化
レンズを使って光を120度の幅に集中することによって、栽培するイチゴ以外の場所に光が散らからないようにしています。

3.良く育てるための高い光子量
20cm距離での1本あたりの光子量は約310μmol/m2secを達成。
これまでの製品に比べて、同じ消費電力で約3.6倍多い光を照射します。
(当社比)
少ない電力で生育に必要な光量子をえることができます。

4.効率よく光合成を促進させる波長
イチゴの光合成には450nm,540nm,670nmの3つの波長が必要となります。
また閉鎖空間での業務を行うことを考え、概して白色のスペクトル組成となっています。

5.合理的なフォルム
閉鎖型植物栽培では複数段の設備設置が一般的です。
LEDの厚みをスリムにすることで、より多くの段数を設置することが出来ます。
また、同じ段数でも設備の高さが低いほうが、定植や収穫などの作業がしやすい環境づくりにも貢献します。

6.作業がしやすい防水
閉鎖型イチゴでは清掃あるいは農薬散布等の可能性もあり、防水であることが求められます。

7.リーズナブルなコスト
自社設計によって、よりリーズナブルにお使いいただけます。

品名 RX-GW45-120H-A6K3R4-X-A
形状 1200*48*21 mm
重さ 1.1 kg
消費電力 42W
定格寿命 50000時間
防塵・防水 IP67

波長分析
波長分析


ページ先頭へ戻る