環境・CSR

ENVIRONMENTAL MISSION & CSR

CSRへの取り組み

協和株式会社は

  1. 1. 取引先から信頼される会社になろう
  2. 2. 社内の信頼関係を確立しよう
  3. 3. 社会から信頼される会社になろう

の会社基本方針をもとに協和株式会社のCSR基本方針を定めました。

CSR 基本方針

  1. グローバル事業戦略と一体化したCSR経営を推進し、事業と社会の発展と調和を目指す。
  2. 環境の変化にスピーディに対応しつつ当社の活動が顧客と社会に認知され維持・向上を図ること。
  3. 環境経営を積極的に推進し、「地球環境との共生」を目指す。
  4. ハイポニカ商品開発思想の「健全且つ安心・安全な製品やサービスを提供する」をすべての事業で展開する。
  5. コンプライアンス、リスクマネージメントなどの基本的CSR活動を推進する。
  6. 社内外のステークホルダーの満足度向上に努め、強固な信頼関係を築く。

協和株式会社
代表取締役 野澤 重晴

協和グループ行動規範

  1. 協和グループは、事業活動の全ての領域において、人命尊重、安全、健康の維持を最優先する。
  2. 協和グループは、地球環境との共生を図り、自然と生命を大切にする。
  3. 協和グループは、事業活動を通じて拠点を置く国の発展に貢献する。さらに地域社会との共存・共栄を図るために、ハイポニカ商品を通じ環境保全活動に積極的に参画する。
  4. 協和グループは、事業活動の遂行にあたり、その国の文化と慣習を尊重する。
  5. 協和グループは、事業活動の遂行にあたり、株主、社員、顧客、サプライヤー、地域住民の立場を尊重し、ステークホルダーとの対話に努める。
  6. 協和グループは、社員をはじめとする事業活動に関わるすべて人々の人権を尊重し児童労働や強制労働は行わない。
  7. 協和グループは、性別や職権・地位などを背景にした個人の尊厳を傷つける言動、その他一切のハラスメント行為を行いません。
  8. 協和グループは、社員の人格・個性を尊重し、社員の人種、性、宗教等の多様性を受け入れるとともに、ゆとりと豊かさの実現に向け、安全で働きやすい職場環境を確保する。
  9. 協和グループは、事業活動の遂行にあたり、その国の法令と社会的規範を順守する。また社会的秩序や健全な事業活動を阻害する個人、団体とは関わりを持たない。
  10. 協和グループは、労働安全衛生に関する法令や労働災害の防止のために定められたルールを順守します。また、快適な職場環境の形成を促進し、これらに反する行為はしません。
  11. 協和グループは、その調達や販売等の事業活動において、すべての取引先に対し誠実に対応し、公正かつ適正な取引条件を順守する。また協和グループは賄賂を認めず、あらゆる形態の腐敗に関与しない。
  12. 協和グループは、営業秘密を含む知的財産権の重要性を認識し、他者の有効な権利を尊重するとともに、自らの権利を守り活用する。
  13. 協和グループは、その事業活動において、法令、規則などに基づき、必要とされる記録、報告などを正確且つ明確に行い、それらの記録、帳簿、報告書等を適正に保管する。また保有する営業秘密と個人情報については、それらが漏洩することのないよう、適切な情報管理を行う。

協和グループ行動基準

  1. 私たちは、顧客に対し安全で信頼される製品・サービスの提供に努めます。
  2. 私たちは、開発、調達、生産、物流、販売、使用、廃棄にわたる事業活動の全ての段階で防災、安全の確保、健康の維持に努めます。
  3. 私たちは、開発、調達、生産、物流、販売、使用、廃棄にわたる事業活動の全ての段階で環境の保全及び環境負荷を低減させる製品・サービスの提供に努めます。
  4. 私たちは、事業活動を通じて社会に貢献します。さらに社会との共生を図り社会貢献活動を行います。
  5. 私たちは、協和グループが事業活動を行っている国の文化と慣習を尊重し、地域社会との共存共栄に努めます。
  6. 私たちは、ステークホルダーに対し企業経営と事業活動に関する情報を適宜開示いたします。またステークホルダーからの意見や情報提供に対しては誠実に対応いたします。
  7. 私たちは、社員をはじめとする事業活動に関わる全ての人の人権を尊重し、不当な差別や嫌がらせを一切行いません。
  8. 私たちは、人格、個性及び多様な価値観を尊重するとともに、それぞれが個性と能力を発揮し、働きがいと自己実現を実感できるように努めます。
  9. 私たちは、不正な取引やその疑いを招く行為をしません。
  10. 私たちは、労働安全衛生に関する法令や労働災害の防止のために定められたルールを順守します。また、安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進し、これらに反する行為はしません。
  11. 私たちは、職務上の地位や職務上知り得た情報を利用して、個人の利益を求める行為はしません。また、公私のけじめを守り、会社資産を私的に流用しません。
  12. 私たちは、事業活動を行っている国の慣例法令を遵守します。
  13. 私たちは、公正で透明な商取引を行います。
  14. 私たちは、知的財産が会社の重要な財産であることを認識し、自社の知的財産権の保護・活用に努めるとともに、他社の知的財産権を不当に侵害しないように注意します。
  15. 私たちは、情報の公正な収集・正確な記録・適切な保管に努め、機密を保持します。

CSR推進体制(組織)

全社で横断的なCSR体制を構築

協和株式会社では、ステークホルダーの期待に応えるCSR活動を具体化し、円滑に推進していくための体制を構築しています。また、社長を委員長とした全社横断の推進組織となる「CSR委員会」を年1回開催し、CSRに関わる活動の検証を行っています。

組織表(協和グループ)

【主な取り組みテーマ】コンプライアンス、リスクマネージメント、人権の尊重、働きやすい職場作り、労働安全衛生、人材活用、CSR調達活動 、環境に配慮した商品開発活動、環境マネージメント、製品品質向上、顧客満足向上、社会貢献活動

環境・CSR

協和グループ

環境の取り組みについて

協和株式会社 本社/篠山工場

協和株式会社 本社/篠山工場

詳しくはこちら

基本理念
地球環境の保全を最重要課題とする社会の責任ある一員として、協和株式会社は、プラスチック射出成形品及びその加工品・組立品の製造に関わる事業活動を通じて全組織を挙げて環境の負荷の低減に努めます。

基本方針
協和株式会社 本社/篠山工場は、コンプライアンスを重視した体制を確立し、環境に影響を与える廃棄物・エネルギー・資源・排気ガスなどを低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して、地球環境との調和を目指すとともに汚染を予防します。

1.環境に関するコンプライアンスの順守
環境側面に関する法律、条例、当社が同意するその他の要求事項を順守し、環境保全の向上に努めます。

2.省エネルギー・省資源の推進
電力等のエネルギー有効活用・生産の効率化による廃棄物の削減に取り組むとともに、梱包・包装材の簡素化と環境にやさしい商品の購入/提供を推進します。

3.環境保全活動の啓蒙
社員一人一人が環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境方針を全社員に周知するとともに環境教育を実施します。

4.環境マネジメント活動の継続的改善
環境方針遂行のために、環境目的及び環境目標を設定し、定期的にレビューし、環境マネジメント活動の継続的な改善に努めます。

5.化学物質の管理
環境方針遂行のために、環境目的及び環境目標を設定し、定期的にレビューし、環境マネジメント活動の継続的な改善に努めます。

協和株式会社 筑波工場

協和株式会社 筑波工場

詳しくはこちら

環境理念
協和株式会社筑波工場は、プラスチック成形品及び組立品の製造に係る事業活動を通じて社会貢献を果たしている。我々の事業活動は、工場の発展を地球環境保全と並立させて達成するものであり、事業活動を通じて全員参加の環境マネジメント活動を推進します。

行動指針
1.環境マネジメント活動を推進するために、具体的な目的・目標を設定し、定期的に見直し、継続的改善及び汚染の予防に努めます。
2.生産及び業務効率の向上、廃棄物の削減、資源及びエネルギーの節減を推進すると共に環境にやさしいグリーン購入を推進いたします。
3.地球環境保全に関する法規制、当工場が同意するその他の要求事項を順守します。

す。

中国

中国・ベトナム

詳しくはこちら

基本理念
私たちの世代だけでなく、次の世代の人たちも、いつまでもきれいで豊かな地球と共存共栄していけるように、我々は地球環境に優しいモノ造りに努めてまいります。

環境方針
私たちは基本理念に基づき、地球環境の保護を重視し、下記の基本方針に準じた活動を展開します。

環境に関する法の順守
環境に関する法律や条例を遵守し、環境保全向上に努めます。

省エネルギー・省資源の推進
資源は有限であるという認識をもち、資源の再生や有効利用に努めます。またそれらの活動を通じて廃棄物を低減します。

環境保全活動の啓蒙
私たちの環境方針を公開することによって、全従業員及び協力会社に環境保護に対する理解と協力を要請します。

グリーン調達
必要な資源の調達、購入に関して、より環境負荷の少ない材料、部材、設備を調達します。
環境マネジメント活動の継続的改善
環境方針遂行のために、環境目的及び環境目標を設定し、定期的にレビューし、環境マネジメント活動の継続的な改善に努めます。

公的資金を用いた研究活動上の不正行為の防止及び対応について

協和株式会社は、「公的資金を用いた研究活動上の不正行為の防止及び対応に関する規程」を定め、不正行為の事前防止のための取組みと不正行為への適切な対応に努めます。

1. 研究活動上の不正行為とは

当社の「公的資金を用いた研究活動上の不正行為の防止及び対応に関する規程」において、公的資金を用いた研究活動における以下の行為を不正行為と定義しています。

<ねつ造>

存在しないデータ、研究結果等を作成すること

<改ざん>

研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること

<盗用>

他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文または用語を当該研究者の了解または適切な表示なく流用すること

<その他の不適切な行為>

二重投稿や不適切なオーサーシップなど、上記以外の研究活動上の不適切な行為であって、科学者の行動規範及び社会通念に照らして研究者倫理からの逸脱の程度が甚だしいもの

2. 不正防止のための体制

総括責任者 ハイポニカ事業部担当取締役 佐藤裕久
研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、法人全体を統括する権限と責任を有し、公正な研究活動を推進するために適切な措置を講じます。
研究者等に対する研究倫理教育について実質的な責任と権限を有し、研究倫理に関する教育を定期的に行います。

3. 告発・相談窓口

公的資金を用いた研究活動上の不正行為についての告発や相談を受け付ける窓口を設置しています。
告発、相談は書面、ファクシミリ、電子メールまたは面談で受け付けています。

【社内窓口】

〒569-0062 大阪府高槻市下田部町1-1-5
協和株式会社 人事・経理部 人事総務担当
FAX : 072-674-1156
メールアドレス:kyowa@kyowajpn.co.jp

<告発、相談にあたって>

  • ・調査へのご協力をお願いする場合や、調査結果等をご連絡させていただく場合がありますので、告発、相談される際には、氏名とご連絡先をお伝えください。なお、通報や相談をされた方の氏名等の個人情報は、当該事案に関する調査等に必要な範囲(『「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」平成26年8月26日文部科学大臣決定』に基づく取扱及び競争的資金等の配分機関である文部科学省及び同省が所轄する独立行政法人等への報告を含みます。)でのみ使用し、その他の目的では一切使用いたしません。
  • ・匿名での告発、相談につきましては、その内容等を勘案し、受け付けるかどうかを判断させていただきます。また、受け付けた場合でも調査結果や再発防止策等の報告や回答等が行えない場合がございますのでご承知ください。
  • ・告発、相談は、不正行為を行ったとする研究者等又は研究グループ等の氏名または名称、不正行為の内容、不正とする理由等をお示しください。
  • ・調査の結果、告発が『「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」平成26年8月26日文部科学大臣決定』における「悪意に基づく告発」であると判明した場合は、氏名の公表、刑事告発等を行うことがあります。

ページ先頭へ戻る