機能性材料推進

機能性材料推進

環境に配慮した新事業

新事業では、従来の石油からではなく、トウモロコシやサトウキビなどの植物を原料としたバイオプラスチックによるモノづくり及び、使用後のゴミを削減するための取組に挑戦します。
(2021年は、新たに成形機1台を増設や加水分解装置、生分解装置の導入、成分を分析するための機器類、材料のコンパウンド機、等の投資を検討しています)

バイオプラスチック

この新事業を開始する背景には、世界が直面する社会的な環境問題である、海洋汚染や地球温暖化の深刻化があります。そこで注目されたのが、使い捨てプラスチックの排出量の低減活動や地球温暖化の原因となる温室効果ガスの発生を抑制できる材料であり、当社のようにプラスチックを扱う会社だからこそ、できることは何かを考えました。

そこで当社が目をつけたのが、環境に優しい夢のプラスチックとして注目されていた「ポリ乳酸」です。以前は、耐熱性がなく成形性も悪く、モノづくりが難しいとされてきましたが、現在は改質剤の開発が進み耐熱、強度、柔軟性に適した高機能ポリ乳酸として改良されてきています。

バイオプラスチックには、生分解性プラスチックと非生分解性プラスチックの2種類がありますが、ポリ乳酸は生分解性プラスチックであり、自然界に存在する微生物の働きで、最終的に水と二酸化炭素に分解され自然界へと循環する、いわゆる地球にやさしいプラスチックです。

バイオプラスチックを使用したモノづくり

そんな地球にやさしいプラスチックを使用したモノづくりを開始し、材料メーカーとの技術交流やチラーの使用や冷却回路の研究により、金型温度を通常より更に低温に設定するなど、設備や金型構造を見直した結果、写真のような製品化に成功しました。これらの商品は、耐熱性(熱に強く)、柔軟性(柔らかく)、耐衝撃性(割れにくく)、難燃性(燃えにくく)の問題をクリアにするために、長年培った当社独自の金型づくりや成形における技術によって、つくられています。

現在は材料費がまだまだ高騰していること、成形加工における技術的な解決等、課題は山積みですが、これからも様々な分野で必要とされる商品の製造・販売ができるように挑戦します。

ごみ0ミッション

「つくる責任、つかう責任」

  

生分解性プラスチックによってCO2の排出量を抑え、ごみを出さない循環型ミライを実現するために<ごみ0ミッション>を立ち上げ、取り組んでいます。
当社の考える事業は、これまでのようにモノづくりと販売で満足するのではなく、お客様が使用された後の処理のことまで考え、地球環境に負担をかけない仕組みを目指します。
因みに当社が取組んでいる加水分解と生分解装置を使用した処理方法では、二酸化炭素の排出量を焼却処理に比べ、約80%削減できます。

これらの新たな事業をテーマに大阪万博への参加や共創チャレンジに向けての取組みを行い、これを機に、更なる人材の育成や技術力の向上につなげることを目指します。



TEAM EXPO 2025 共創チャレンジに「プラスチックごみを減らして持続可能な社会へ!ごみゼロミッション」「環境にやさしいプラスチックで持続可能な社会へ!」として参画しています。


ページ先頭へ戻る